高ボッチ高原『温泉とボッチと山ごはん』【ソロキャンプ #30】

ソロキャンプ
この記事は約4分で読めます。

いざ長野!

トランクスペースの荷物は、ほぼ積みっぱなし。

後部座席と足元にシュラフやテントを積んで、いざ出発。

高ボッチ高原の入口までワープ。昼過ぎから雨はあがる予報でしたが、ここまでずっと雨でした。高ボッチ訪問は2度目。

高ボッチ高原

1年半ぶりに来ましたが、曇っててなんもみえねー…

小雨降ってるし、山頂に行くのは明日でいいかな。ごめんよ。

山頂付近の第二駐車場に駐まっている車は、自分とトイレ清掃の業者さんとツーリングで立ち寄られた奈良ナンバーのバイクだけでした。まあ、誰もいないに近い。荷物をたくさん積まれたバイクだったので、声をかけてみましたが、キャンプはされない模様。

自販機止まって…ない、販売中! ホットドリンクも入っており販売中でした。ありがたい。

リンちゃんは雨の日にキャンプには行かない。

テント設営

第二駐車場の自然保護センターとトイレ近くにあるこじんまりしたテント・タープ等設置可能エリアに設営です。30泊目にして初めての完ソロ、新幕、山頂ぼっちキャンプになりそうです。

塩尻市を含む関係団体で構成する高ボッチ高原自然環境保全協議会が2019年5月9日に策定した「高ボッチ高原環境管理ガイドライン第3章 ゾーニング・利用規制編に定められた「3-2-2 観光・農林業振興エリア」内の“3-4-5 テント・タープ等設置可能エリア”に従ってテントを設置しています。また、“3-6-1 火気使用の制限”に従い、焚火台を使用した焚火や、コンロの使用を行っています。

うーむ、直火の跡が。国定公園でこれはいけませんねえ……

ジッサイカシキリ、ぼっちキャンプ。

日が暮れて完ソロ確定。

うちの冬キャンスタイル、適当お鍋。4Gで電波が良く入るので、ありがたいです。

今月買ったタフまるJr.にラージメスティンON。五徳は安定感がある。

ひとりで過ごす山頂の夜。

すぐそばで鹿が鳴いています。

風は弱めで4.1℃、今年初のシュラフ2枚重ねで、さて 寝るか

翌朝 早朝ぼっちでボッチ山登り…

おはようございます。夜中は霧雨のような雨が降り続いていました。

日の出は6時過ぎ、早朝ぼっちでボッチ山登り…

昨日は自分の車しか駐まっていなかったのに、駐車場はほぼ満車、山頂はご覧のとおりの人出。でも、ガッツリ霧がかかっています。

雲海は見ることができませんでした。

最低気温は、ちょうど山頂で日の出を待機していた頃の0.6℃でした。風が弱めだったので、長袖下着に長袖シャツとセーター着用でしのげました。

しかし寒いことは寒いので、雨に濡れた木材に日が当たり湯気が上がっています。

外で食事をするとうまい。

朝方までに雲海を見に来ていた行楽客は減り、チェックアウト時間はありませんが、撤収の準備を始めましょう。

ぼっちでボッチ山登り… Part.2

晴れてきたので、夜露でびっしょりのテントを乾かしつつ、もう一度山頂へ向かいます。

なんだよこっちはバッチリ見えてんじゃん。富士山は微妙ですが、諏訪湖はバッチリです。

記念すべき30泊目の完ソロキャンプ、高ボッチ高原(長野県塩尻市) 第7-8話「温泉とボッチと山ごはん」、お世話になりました。撤収!

片倉館 千人風呂

高ボッチ山を下り、40分少々で諏訪湖のほとりの片倉館へ。こちらはおよそ2年ぶりになります。

今日はいい天気。

千人風呂で疲れを癒やして、お昼前に信州味噌カツ丼。サクサクとんかつに甘い味噌、ソースカツ丼とはまた違う感じ。

混雑する下りの高速道路を尻目に、上りをゆっくり走って帰りましたとさ。

コメント